読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

osmhouse

設計事務所との家作りの足跡

家を建てる事を決意するまで

もう既に設計は始まっていますが、備忘録と思い出を兼ねてブログに記録を残そうと思います。

 

実は家づくりは2軒目

1軒目は2013年に両親の住む実家を建てました。土地は元々所有していた土地なので上物だけです。

在来工法で建てた延床面積120㎡の平屋になります。ハウスメーカーではなく設計事務所+工務店にお願いしました。

打ち合わせもほぼ私が行いましたので色々と大変でしたが、気に入ってもらえて良かったです。今では父も母も悠々自適生活をエンジョイしています。

この両親の家の住宅ローン約3000万円を私の名義で組んだのです。親に家を建てたと聞くと「偉いわね!」「親孝行ね!」などとお褒めの言葉を頂きますが、両親は共働きで私と弟を育てたので住宅ローンなんて比較にならない程の投資をしてくれています。だから全然かまわないの。そしてこれを理解してくれる妻にも感謝です。(ここ重要)

 

私自身の住宅事情はというと・・・

今は実家から車で15分ほどの場所に妻と子供(3歳♂ 1歳♂)と住んでいます。2013年の夏に家賃15万円ほどの戸建を借りました。東急リ〇ブルさんが仲介でしたが担当曰く「オーナーさんは海外転勤の方ですが、帰国した際にもこの家に住む意向はないので定期借家ではないんですよ」との事。

両親の家の住宅ローンもあるので、しばらくは賃貸で良いからここにしようと2013年7月に契約しました。ただ2年契約なんですよね。更新時期の2015年7月に更新しました。

 

突然の電話

すると契約して1カ月ほどで東急リバ〇ルさんから電話が・・・

「オーナーさんが急遽帰国することになり、事情が変わってそこに住みたいそうです(泣)でも契約の更新は完了していますから、私どもからは何とも言えないのですが・・・オーナーさんからお願いと提案があるそうなので聞くだけ聞いてあげて下さい。無理ならば(無理だよ)2017年6月まではosmさんが住めますので突っぱねてOKです。」との事。

 

あれ?帰ってくるんだ・・・。まあ聞くだけ聞いてみようと待っていると直筆の手紙が届きました。

 

かなり丁寧にしっかりと書かれたお手紙でしたが、要約すると・・・「家賃2ヶ月分は不要ですので半年後に出て頂きたい」

 

家賃2か月分って事は約30万です。仮に引越すると100万近く(引っ越し費用+敷金礼金)かかります。それよりなにより引越が面倒ですし、仕事&育児がある中で物件探しやら何やらの労力はプライスレスです。

 

結果、東急〇バブルさんが言ったように突っぱねました。色々割に合わないので2017年6月までは住みたいですと。

 

どうする俺?!

 

子供の幼稚園やら学区の問題もあり、安住の地を求め家を建てようかという事になりました。

 

ただ待てよ。俺両親に2013年に建てた住宅ローンがまだ残ってるし、吹けば飛ぶような中小企業の経営者にそんな融資をする金融機関はないぞ!!!でも建てないと!!!

 

リミットは2年!!!

 

osmの建築計画がここからスタートしました。

 

 

建築家さんとの設計事例が豊富な人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村