読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

osmhouse

設計事務所との家作りの足跡

夏に大活躍のアイツが目障りな件

ショールーム 設備関係

f:id:osmhouse:20161212153142j:image

日本の夏には欠かせない網戸

 

今は冬なので断熱について敏感になります。夏は湿気や冷房の効きに関心がありました。

我が家は冬スタートの建築ですが、「夏の感覚」もしっかりと持って建物に向き合いたいと思います。

 

主に夏に使う網戸。湿気の多い日本で網戸は大活躍だと思います。ほとんどの家についている定番品ですよね。ちょっと風入れたいけど、灯りに集まる虫が・・・なんて時に大活躍です。

 

ただあのちょっと暗くなる感じが目障りなんです。使っていない時の存在感があり過ぎてどうも好きになれない・・・。でもその性能は無視できない。なんてosmはわがままなんだ。 

 

リビングとダイニングの掃出し窓+各部屋の風&採光用のすべり出し窓には必須かなー。

 

そこで候補になるのがこちら

www.ykkap.co.jp

 

忍者のようにその存在感を消しています。網目の交差部分に隙間がないので清掃も楽だそうです。また通風性も非常に高い模様。上記サイト内の動画がわかり易いのでどうぞ。

 

ただ我が家はサッシ系はLIXILを使う予定でいます。競合のYKKの網戸に惚れても仕方ないのかな。

 

他にもアコーディオンタイプの使わない時は畳める網戸やロールスクリーンタイプの網戸もあるみたいですね。実用性と意匠性は比例するものではないので大変です。

 

皆さんどうしているのでしょうか。

 

 来年の夏の為にもう少し勉強が必要です。

 

 

建築家さんとの設計事例が豊富な人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村