読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

osmhouse

設計事務所との家作りの足跡

アイアン階段のデザインが固まる(90%)

建築経過 設計のお話 階段

 

Sugar Bowl Residence - John Maniscalco Architecture

息を飲む美しさ・・・

 

鼻水が止まりません。花粉症始まっていますか?!30歳頃から花粉症を自覚しています。20代後半の時も花粉症だったのだと思いますが、認めたくなかった・・・。花粉症患者は鼻が乾かない様にケアが怠れない季節です。今年は思い切った対策しようかなと考えてるところです。

 

今日は階段について掘り下げようと思います。

 

階段はどこに付くの?

図面で記しますと、赤で囲った部分になります。玄関からリビングに入って左手の場所に壁付で設置するストレート階段です。

 

f:id:osmhouse:20170207090428j:plain

更に使いまわしの写真で記しますと、矢印の部分です。所謂リビング階段を採用する場合にはオーソドックスな配置だと思います。

 

f:id:osmhouse:20170207090812j:plain

 

どんな階段にするの?

希望としては・・・

 

①アイアン階段であること

②シャープでカッコいい階段

③踏み板はフローリングと同じ素材(チーク)

 

このくらいしかありませんでした。建築家さんのアイディアが湧くのを待ちました。

 

すると年始に御連絡を頂きました。「カッコいい階段思いついたよ」

そちらの記事は下記参照

 

osmhouse.hatenablog.com

 

【初期構想】

 

f:id:osmhouse:20170113191858j:plain

 

【ほぼFIXした図面】

階段側面から

・踏み板以外は全てアイアンです。

・赤矢印のアイアンバー+アイアンの意匠的な四角は階段上って右手側です。浮いて見える感じです。

・アイアンバーが床まで行っているのは1段目だけです。強度上外せなかった。

・青矢印のアイアンの踏み板を支える部分(力桁?)はアイアンで、ボルトは壁付です。

・階段は全14段です。下から踊り場まで6段+踊り場1段+踊り場から上まで7段。立面図では上2段は梁に隠れて見えていません。

 

 

f:id:osmhouse:20170207093915j:plain

 

続いて、階段正面から

・踏み板は727.5mm×300mmです。

蹴上げは180mmなのでかなり勾配の緩い階段です。

・蹴込部分は、アイアンの板が壁側120mm~手摺側25mmと三角形に入ります。蹴込なしが良かったのですが、建築家さんとアイアン屋さんの強度計算の末、必要という事で意匠的にも納得です。図のグレー部分ですね。蹴込なしの階段が怖い妻にはやや朗報か?!

 

「私が落ちたらどうすんの?」って言われても・・・「蹴込180mmしかないからママは落ちないよ」とか言えない。

 

 

f:id:osmhouse:20170207095728j:plain

ほぼ固まったアイアン階段の案ですが、手摺のアイアンバーの間にちょこちょこ入る意匠的な四角の素材感や仕上げをサンプルを作って頂き詰めていきます。

 

踊り場に絵画でも飾りたいなぁー。ブラケットライトでぼんやり照らしたりして。

 

Agorafocus Fire

 

階段を想像するときに「1Fに誰も居ない夜の階段を下りる設定」で想像するのが好きです。

1Fのぼんやりした灯り(冬なら薪ストーブのガラスから見える熾火)+階段踊り場の絵をぼんやりと灯すブラケットライト・・・ゆっくり階段を降りる俺・・・キモい。ご馳走様でした。

 

今日はここまで。

 

建築家さんとの設計事例が豊富な人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村