読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

osmhouse

設計事務所との家作りの足跡

続 IKEA(イケア)のPAXでWIC(ウォークインクローゼット)計画始動

前回の記事が長くなりそうだったので、今回は続編です。

前記事はコチラを御参照下さい。

osmhouse.hatenablog.com

 

IKEAさんから頂いたご提案

打合せ日の夕方にはメールにてご提案書が届きました。資料は全3枚です。

①レイアウト図

②商品イメージ画像

③見積

では順にご説明させて頂きます。

①レイアウト図

f:id:osmhouse:20170210124903j:plain

 

 こちらがご提案頂いたレイアウトです。向かって左側をD580mmのフレームで構成されています。有効寸法4405mmに対して5台のPAXを使いW4250mmで構成したので、余りが155mm出る事になります。使用フレームはW1000mm×3台、W750mm×1台、W500mm×1台の構成です。

 

右側のフレームもD580mmで構成したかったのですが、通路が狭くなってしまうのでD350mmで構成してもらいました。有効寸法3656mmに対して3台のPAXを使い3500mmで構成したので、余りが156mm出る事になります。使用フレームはW1000mm×3台、W500×1台です。

 

この構成で通路幅は745mm確保できます。広いとは言えませんが贅沢も言えないのでまぁ良しとしましょうw

 

左側が155mm、右側が156mm余りますのでW700×H1900mmの全身鏡を設置する事になります。

 

②商品イメージ画像

構成はこんな形になります。

※ブラックブラウンの購入を予定していますが、色が濃いと見にくいのでオーク調で見やすく御提示頂いました。ハンガーレールなどの金物部分も実際はグレーになります。

f:id:osmhouse:20170210133523j:plain

 

D580mm側はハンガーをメインに下に引き出しの構成です。

引き出しの面材は一番下のみ木製で、2段目より上はガラスの面材で設定しました。②③は長めのコートを掛けられるように引き出しの数を減らしています。

D350mm側は引き出し3段と棚板で構成されています。棚板にはバックや帽子などを想定しています。D350mmサイズの引き出しにはガラスの面材の設定がないのですべて木製です。

 

1/3をosmが2/3を妻が使う予定です。プランが届き妻に見せたら「私の衣装量知ってる?これじゃ収まらないでしょ?」と言っておりましたので、D350側の引き出しを全て+2段する予定です。棚板って使い方が曖昧と言えば曖昧なのでよかったかと思います。

 

プランのイメージ画像諸々です。

 

f:id:osmhouse:20170210135459j:plain

 

ハンガー類は一応ご提案頂きましたが保留です。

全身鏡はこちらを予定しています。コンテンポラリーなスタイルです。

www.ikea.com

 

ガラスの引き出しは使い勝手良さそうです。

www.ikea.com

 

小物入れも上部がガラスだと中が見えて探しやすいと思います。

www.ikea.com

 

③見積

IKEAは価格が明瞭なので値引きもへったくれもありません。基本的には選んだ商品+サービス料になります。商品代金合計で¥281,189(税込)でした。

 

ちなみに150cmの場所にPAXを構成する場合、①100cm+50cmで組む、②75cm+75cmで組む、③50cm+50cm+50cmで組むの3通りがあると思います。

③が一番高額になります。フレーム単価は100cm=¥11,000 75cm=¥10,000 50cm=¥9,000なのです。なので①②は¥20,000、③は¥27,000になります。参考までに。

 

f:id:osmhouse:20170210143359j:plain

f:id:osmhouse:20170210143411j:plain

 

f:id:osmhouse:20170210143419j:plain

 

f:id:osmhouse:20170210143428j:plain

 

 

お願いしたオプションのサービスの合計金額は¥69,737です。

オプションの内訳は・・・

【ピックアップ料金】¥999

IKEAでの購入時に商品をピックアップしてくれます。商品数がかなりあるのと、圧倒的に安いのでオススメのオプションです。

【配送料金】¥21,060

総重量で724kgあります。2tトラックでも持っていない限りお願いした方が賢明です。数量と労力のコストを考えれば安いと思います。

【部屋内搬入料金】¥500

これも絶対必須なオプションです。配送の場合は軒先下しになります。我が家は2FにPAX設置の為合計724kgを2Fまで自分で運ばなければなりません。それを500円で代行して頂けます。こんな安くて大丈夫かってくらいです。配送もそうですが、万が一落として破損があった場合のリスクもあるので。

【組立サービス】¥47,178

こちらはIKEAファミリーの場合¥5,000+商品代金の20%になるので本来は¥61,237です。osmはビジネス会員なので商品代金の15%で¥42,178です。PAX1台程度であれば自分で組む気にもならなくもありませんが、今回は9台ありますのでお任せした方が良いでしょう。自分で組んで壊してしまってもアレですし。

 

【見積に計上されていないもの】

壁への固定などがある場合は、組立スタッフさんが壁下地を見てビス止めして頂きます。これが1キャビネットあたり¥2,000で、9台ですので¥18,000です。全身鏡の固定は別途¥1,500です。唯一自分でやろうかなーと思えるのが全身鏡の固定ですが素直にプロに任せます。こちらは当日現金払いです。

 

 

 

まとめ

このくらいの規模でPAXを組むと、自分でどこまでやるかにもよりますが28万~37万円位になります。この規模で家具屋さんの造作工事でやれば内容によりますが150万円~300万ではないでしょうか?PAXの良さはコスパも勿論ですが、汎用性にあると思います。「棚板を1枚減らして引き出しにしたい」とか「ここにハンガーパイプと追加したい」など、使って行くうちに用途を考慮して再カスタマイズが簡単にできます。

 

 

最後にIKEAのPAXで構成されたWICをいくつか紹介して本日は終わりです。良い週末を!

 

 

Caulfield Home

 

 

A House by 08023 Architects - Barcelona

 

urban green

 

 

 Closet

 

 

Homestory für Houzz München Lehel

 

 

建築家さんとの設計事例が豊富な人気ブログランキングはこちら

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 建築設計事務所(施主)へ
にほんブログ村