読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

osmhouse

設計事務所との家作りの足跡

地鎮祭

土地のお話

まだ確認申請は下りていませんが、先日設計事務所より「9月下旬から10月初旬で地鎮祭をしましょう。」と電話がありました。

地鎮祭とは土地の氏神様を鎮め、土地の利用の許しを得ることだそうです。

通常ハウスメーカーの場合などは担当者がほとんど段取りしてくれるようですが、設計事務所曰く「前回のご両親のご自宅の時同様に砂は用意しますが、あとは神社さんとご相談いただきご用意下さい。」との事でした。

 

以前両親の家を新築した際は父の知り合いの地元神社にお願いしました。一応施主は私だったのですが多忙の為両親のみで執り行いました。なのであまりよく分かっていませんでした。

実家に寄った際に父に相談しました。

osm地鎮祭したいんだよね」

「話しておくわ」

こんな素っ気ないやり取りがあり、大丈夫かなーと思ったら夕方には電話がありました。オヤジ仕事早いぜぃ。

「気にしないならOKだけど、出来れば彼岸は避けた方がいいみたいだから9月28日大安どうだ?」

osm「OK仕事調整するからいいよー」

 電話の向こうで「じゃあOKです。お願いします。」(どうやら神社に直接出向いて話をつけてくれているようだ。)「じゃあ〇時~でいいか?」

osm「うん。ありがとう。」

「おう。」

osm「何用意すればいいの?」(無知)

「俺が全部用意するからいいわ。玉串料だけ用意しとけ。」

osm「あ、あ、ありがとう。では神社さんに宜しくお伝え・・・」

ガチャ!!!ツーツーツー・・・。

寡黙でぶっきらぼうで不器用な父ですが、息子の新築を不器用なりに応援?してくれています。

今回は手厚いバックアップに甘えてしまい「おんぶにだっこ」状態でした。ジーンと父親不器用な愛情を感じました。 

 

後日父から一応渡されたのがこちら

 

f:id:osmhouse:20160915004810j:plain

う!う!うー!これは大変そうだ。

お父さんありがとう(涙)

お鮨くらいはご馳走しないと罰が当たりそうです・・・。